織田裕二主演月9【SUITS/スーツ】1話ネタバレ・感想・視聴率~中島裕翔と新木優子の恋の発展は!?~

織田裕二主演月9【SUITS/スーツ】1話ネタバレ・感想・視聴率~中島裕翔と新木優子の恋の発展は!?~

 

こんにちは^^テレビバカです 😎

 

今回は、月9【SUITS/スーツ】1話のネタバレ・感想・視聴率や気になるところなどを書いていきます^^

率直に…今回の月9【SUITS/スーツ】面白い!!!

さすがは海外でメガヒット作品になっているだけにテンポがよく見飽きることなく終了してしまいました・・・笑

私は海外ドラマは拝見しておらず…海外ドラマを見たくなりました^^

ですが、海外ドラマを見るのは日本版を見終えてからにしようと思います!!!笑

 

そんな、【SUITS/スーツ】1話のネタバレや視聴率などを見ていきましょう!!!

 

【関連記事はこちら】

織田裕二主演月9ドラマ【SUITS/スーツ】キャスト・あらすじ(見所)・視聴率速報

ドラマ【SUITS/スーツ】見逃し動画の無料配信《織田裕二&中島裕翔出演》&海外ドラマ・映画を視聴する方法

 

あらすじ

 

『幸村・上杉法律事務所』で働く、敏腕弁護士の甲斐正午(織田裕二)

自他共に認める優秀な人物で頭も切れる反面、かなり傲慢な性格で、

勝利の為には違法ギリギリの際どい手段を用いることも・・・

手段を選ばない甲斐のことを心配した上司がアソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことに・・・

その面接に現れたのが明晰な頭脳と、1度見たものは決して忘れない!

という驚異的な完全記憶力を持っていながらも、

悪友の影響でその日暮しのフリーター生活を送り、

様々な業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)だった。

大貴は幼い頃に両親を交通事故で亡くしており、祖母に育てられた。

その祖母が大怪我をしたため、介護施設に入れなくてはいけない状況になってしまう。

そこで大金が必要となってしまう大貴・・・

大金を稼ぐために危険な仕事に手を出してしまいピンチを迎えることに・・・

そんな時、大貴は甲斐と出会うことになる。

 

 

※下記より1週目のネタバレを含む内容になっております。

 

 

 

 

1話ネタバレ

 

甲斐正午のクライアントである会社の社長:ダイス・スズキが元社員から不当解雇だと言われ、

その記事を週刊誌に掲載すると言われてしまう。

そのことで、クライアントのダイス・スズキは記事を掲載させないように頼みに来た。

当然その内容は捏造されたもので、元社員とは円満退社だったと…

だが、そのような記事が世にでてしまうと会社の信用はガタ落ち…

出資の話しが白紙に戻ってしまうどころか会社がつぶれてしまう…と苛立ちを見せている。

 

その頃、甲斐正午は女性とデートの待ち合わせをしていた…

女性は大きなカバンを持ち、お待たせしましたと言ってカバンをクロークに預け、甲斐の手を取った。

2人で席に着くと、甲斐に電話がかかり、外せない電話だからと言い席を立つ甲斐…

電話をするフリをし、向かった先は先ほど大きなカバンを預けたクローク前…

甲斐は引き換え番号を渡し、大きなカバンを手にしその場を後にした…!!!

 

そうこうしていると、相手側の弁護士木次屋が幸村・上杉法律事務所にやってきて、

不当解雇をされ、精神的にも追い込まれていると、

精神科の診断書まで提示してきた。

 

クライアントであるダイス・スズキは窮地に追い込まれる…

 

そこに現れたのが…甲斐正午であった。

 

その精神科の診断書をもらっていた元社員とは、

先ほどまで一緒にデートをした女性(泉里香)であった…

そこで、甲斐正午は彼女が送ったとされるライバル会社へのメールを捏造し、

弁護士の木次屋を黙らせた…

また、彼女が楽しそうに写っている写真を見せ、

不当解雇および精神疾患は捏造されたものだと、形成逆転へと導いた!!!

 

鈴木大貴はというと、相変わらずフリーターで生計を立て、

悪友の紹介で、替え玉受験を行っていた。

大きなリスクを背負いながらなんとか替え玉受験が終わると、

報酬として本人からお金をもらう際に、

『ギリギリ合格できるようにはした』と大貴が言うと、

本人から満点近くの点数を出すと約束したのに、ギリギリでは契約違反だ!

『お父さんと満点近く点数を取って合格すると約束したのに…』

契約違反には金は払わない!と暴行まで加えられる始末・・・

 

そんな大貴に悪友の遊星が、もっといいビジネスがある!!!

今度は本気で稼げるビジネスだから協力してやろうと誘われる。

大貴は特にそのビジネスには興味はなく、違法なことにうんざりしている様子だった…

 

そんなある日、大貴の元に悪友の遊星からおばあちゃんが階段から落ちて病院に入院していると連絡が入る…

 

慌てて病院に向かう大貴…

医者からは歩けなくなる可能性もあると言われ、介護施設への入居を勧められる。

だが、大貴には介護施設への入居費用などなかった…

そこで、悪友の遊星からのビジネスに手を出すことにした…

 

甲斐正午はというと、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた…

だが、代表弁護士を務める幸村チカ(鈴木保奈美)から、昇格の条件はアソシエイトを雇うこと。と条件を付けられてしまう…

そこで渋々甲斐はアソシエイトの面接を開くことに…

 

遊星のビジネスというのは、中身が分からない怪しいスーツケースをただ届けて、

スーツケースを交換するだけ!それだけで100万円の報酬とのこと…

大貴は怪しいと思いつつも、お金が必要だったので、遂行することに。

ホテルの前に着き、部屋番号を遊星から聞くと、

その道中にトイレに寄り、スーツケースの中身を見てしまう…

なんと中身は札束…開けた瞬間、怪しいと思っていたことが現実となった…

だが、もう後戻りはできないと、意を決して指定の部屋へと向かう。

指定の部屋に向かう途中に、怪しい従業員達が気になり始める大貴…

法律の知識があった大貴は、これは麻薬のおとり捜査だと気づく。

そこで、捕まるわけにはいかない大貴はホテル内を逃げ回り、

行きついた先が、甲斐正午がアソシエイトの面接をしている会場であった…

 

甲斐正午と会った大貴はその大金が入ったスーツケースを机にぶつけてしまい、

中身を甲斐に見られてしまった。

そこで、全てを話すと、通報してもいいがと法律的な事を大貴に投げかけると、

それ以上の知識で大貴が答える…

敏腕弁護士の甲斐は、大貴にあれこれ言っていると、大貴は『あなたより法律には詳しいので』と言い切る…

その言葉で火が付いた甲斐は大貴からの六法全書問題で勝負することに…

だが、結果は大貴の圧勝。

大貴に惚れこんだ甲斐はアソシエイトに大貴を選んだ!!

 

甲斐からの要求は、悪友との縁を切ることと、鈴木大輔…という人物のありとあらゆる情報を頭に叩き込むと同時に鈴木大貴から鈴木大輔へと名前を変更することと、今までしてきた犯罪の履歴を全て書き出して教えろ!とのこと。

 

名前を変更することで、鈴木大輔という人物になり、

その男こそがクライアントであり元弁護士でありまだ関西弁護団に席だけを置いているダイス・スズキだった…

ダイス・スズキは海外にいることが多く、替え玉にはもってこいの人物であった!

 

そんなこんなで、大貴は大輔という人物になりきり夢であった弁護士という職業に就くことになる…。

だが…またしても問題が起こる…

 

弁護士木次屋が女性(泉里香)がライバル会社へ送ったとされたメールが捏造であったことに気付き、

再度、ダイス・スズキと甲斐は窮地へと追いやられた…

 

そこに何も知らない大貴(大輔)が初出社の朝を迎えていた。

事務所に案内され、甲斐の所へ案内されたと思えば、

甲斐から解雇…というわけのわからないことを言われる…

初出社で解雇という理不尽な状況に大貴は激怒。

甲斐は、メールの捏造がバレてしまい、解決策がないままに、

弁護士資格を捏造した大貴を雇うことは無理だと判断したのだ…

 

解雇とされた大貴が荒れ狂う中、悪友の遊星と出会ってしまう。

遊星は『あの金を返してくれ!』と大貴に泣きつくが、大貴はその金は逃げる時に捨てた…

こうなったのは全て悪友のせいだと…今までの溜まった鬱憤を晴らすように遊星に気持ちをぶつけました。

あの時のお金は大貴が屋根裏にこっそり隠しています。

 

甲斐はそんな大貴の気持ちなど見向きもせず、

目の前の難敵:木次屋をどう倒すかに必死になっていました…

だが、良いアイデアも陥れる材料も何もなくなってしまうが、

情報通の知り合いから、木次屋には特に何もないが、

木次屋の息子にある疑いがあるという情報を聞き、

事前にっもらっていた大貴の過去犯罪履歴を見返すと、

なんと以前、大貴が替え玉受験をした本人だったことがわかった!!

『満点を取るとお父さんと約束した』のお父さんは、まさかの木次屋だったということだ。

 

そこで、甲斐は絶好のチャンスを潰さない為に、大貴に会いに行きます…

玄関口で一度大貴に突っぱねられるが、『弁護士になりたくないのか?』と問うと、

大貴は『なりたいに決まっているだろ』と甲斐を部屋に招き入れます…

部屋に入るなり、弁護士になりたいなら今すぐ服を着替えろと身支度をさせ、

何も言わず、木次屋の家まで2人で向かいます。

大貴は何が起こっているかさっぱりわからない状況で、

木次屋の家に着き、甲斐が木次屋と話します…

 

木次屋は自分には何もつけいる隙など何もない!帰ってくれ!と言いますが、

甲斐の目的は木次屋本人ではなく、息子の方だと伝えると、

息子が登場し、そこで大貴は替え玉受験をして報酬も払わなかった人物であることに気づき、

木次屋にその真実を告げると…

木次屋は、週刊誌の掲載を見送り、不当解雇という捏造をも見送った…

 

甲斐は自らの一大事を大貴の過去犯罪で助けられ、

同時に、大貴を正式にアソシエイトとして弁護士として採用することにした。

 

 

視聴率

 

初回の視聴率は14.2%

 

最近低迷している月9の視聴率からいうと、

大検討な数字ではないでしょうか!!

海外ドラマのリメイクとしても、日本でのシーズンドラマではないので、

初回にこの数字を記録したのは、十分ではないでしょうか^^

また、次回からも視聴率が上がる予感がします!!!

 

中島健人と新木優子の恋模様

 

1話の初めから、中島健人演じる鈴木大貴と新木優子演じる聖澤真琴との恋の予感が少し垣間見えていましたね^^

明るい大貴とツンとしている聖澤

似つかない2人が今後どのようになっていくのか…

どこかのタイミングで偽装弁護士だと気づかれてしまうのか…

今後も目が離せない2人ですね^^

 

 

 

 

 

感想

 

1話を見ての感想ですが、

非常に内容が面白く、中村アンさんと織田裕二さんの息がぴったりなところや新木優子さんのツンとした演技にとても見ごたえを感じました。

また、大貴の恐るべし記憶力にドキドキしながら見ることができましたし、

遊星の悪友ぶりがまたたまらなくイライラしてしまう…笑

2話もまた面白い展開になりそうなので、楽しみにしています^^

 


【SUITS/スーツ】カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。